女性の仕事の中には激務な仕事があると思いますが、どんなに激務でも最後まで女性の仕事をやり通そうとする女性が少なくないと考えられます。
激務だからこそ闘争心に火が点いてくる女性が居ても不思議ではなくて、激務な仕事が自分を高めるのに相応しいと感じているのが窺えるのです。
激務な仕事にやりがいを見いだそうとする女性が沢山居ると思い、留まることを知らない女性の仕事への追求をしているのが容易に想像できます。
また、激務な仕事をしているうちにテンションが高くなってくる女性がいらっしゃらないでしょうか?まるで仕事から栄養を貰っているような感じが見受けられて、心から女性の仕事を好きであるのが感じられてくるのです。

褒められることか、応援すべきか迷うところですが、女性は加減を無視することがありまね。
決して悪いことではありませんが、組織の中で活躍したいのであれば、よく周りをみてみんなを置いていかないようにしましょう。
嫌われたり、避けられるような要因は自分自身でつくってしまっていることに気づきましょう。

女性の仕事と共に生きていきたい想いが激務を物ともしない姿勢にしていると言えます。
連日激務の仕事を続けることで、一人の女性として磨かれていく感覚を覚えていくのが往々にして考えられるのです。激務の仕事は、自己の成長に欠かすことができない貴重なものだとおっしゃる女性が居ても大げさではありません。激務の仕事が女性のポテンシャルを引き上げていき、目指すべき自分像に向かわせるお手伝いをしていると言っても過言ではないのであります。激務の仕事を続けてきたから今の自分があるとおっしゃる女性が居ると思い、その仕事が自分の可能性を切り開いていったのだと豪語しても不思議ではないのです。あえて激務の仕事を引き受けている女性が居るかもしれません。独立して個人で仕事をするのであれば仕方ないが、会社組織であれば、絶対に「自分だけががんばっている」「自分がやればいんでしょ」とすねたりしたらダメですよ。

転職しても性格は変わりませんから、自分について観察し仕事術としてコミュニケーション力を磨きましょう。これが転職の最大のポイントです。

 | Posted by | Categories: | Tagged: |