女性が結婚して育児のために退職した後の、社会復帰の時期は良く見極めなくてはいけないと思います。
毎日の生活で仕事がどの程度の比重を占めているのか、仕事をすることで何を求めているのか、と言ったことが時期を見極めることには欠かせない要因だと思います。早い段階で自分にとって仕事とはどういう位置にあるのかを確認することが大切なのです。単に、子供が学校に通うようになって自分にも時間ができるからパートにでも出ようかという気楽なものなら別にいつでも好きな時に仕事に復帰すればいいと思います。
しかし、定年とまでは行かなくても、しっかりと長期間仕事を続けていきたいのならばできるだけ早めに社会復帰を果たす方がいいと考えています。女性の仕事復帰も資格などがあれば強い味方になってくれるかもしれません。しかし、資格があっても経験があまりない、と言った譲許となると、やはり早い段階で社会復帰をしたほうが良いと思います。会社側としても、若者を育てていきたい、長く勤めて欲しいという思いがあります。20歳で入社した人が定年まで働くとすると40年ぐらいは働けます。しかし40歳で入社すると20年ぐらいで10年の差ができます。30歳ぐらいならまだほとんどの求人の応募資格の基準にはあぶれないと思いますが、35.40歳となってくると年齢で面接さえも受けれなくなるケースが増えます。また、資格などを持っていなくても、仕事に復帰してある程度のキャリアを積みたい女性も早い方が賢明と言えます。

 | Posted by | Categories: | Tagged: |